E5E5BB74-6B06-40C1-AF27-440F477B0E85


東北大学合格者数ランキングでは仙台第二高校、仙台第一高校、仙台第三高校、宇都宮高校が上位に

地元高校偏差値でも最上位に位置する「仙台第二、仙台第一、仙台第三」が上位を独占。
この傾向は毎年です。この3ブランド高校は地元宮城での存在感が大きいです。
これら3ブランド高校から、東北大学に進学するのが地元エリートコースとなっており、地元民中心に憧れを持たれます。

また、栃木のトップ高校である宇都宮高校も上位に食い込んでいます。
関東圏の高校からの進学者が多いのも特徴です。

八戸高校、盛岡第一高校、浦和高校、弘前高校、福島高校などが追う

上位に続いて、八戸高校、盛岡第一高校、浦和高校、弘前高校、福島高校などが続いています。東北や埼玉の有力高校です。

また水戸第一高校や、新潟高校など、茨城や新潟などからも学生を集めています。
東北一番のブランド大学だけあって、東北・関東中心に幅広い地域から学生を集めています。

東北大学合格者数ランキング
順位高校名合格者数
1仙台第二96
2仙台第一61
3仙台第三
宇都宮
43
4八戸
盛岡第一
39
5浦和(県立)38
6弘前36
7福島(県立)35
8山形東32
9水戸第一
新潟
31
10仙台二華30


東北地域のブランド大学の東北大学は、地元宮城ならず東北でのブランドが強い。東北6県の進学校からの合格者数が多い傾向は強いものの、新幹線やJRで仙台へのアクセスが便利な宇都宮や浦和、水戸第一といった関東圏からも強い人気を誇る

東北地方トップ高校⇒東北大学⇒仙台役所、東北電力、東北ローカルテレビ局 これが地元エリートコース

上記の通り、東北地方においては、地元のトップ高校⇒東北大学⇒仙台市役所、東北電力、東北ローカルテレビ局などが地元民から憧れられるエリートコースのようです。

一方で東北は地場産業が弱く、正直に中々良い就職先がない為、地元を出る学生も多いようです。上記の東北では憧れられる公務員、大企業も全国水準では中の上といったレベルです。

最新全国高校偏差値ランキングはこちら

全国高校偏差値ランキング2021