f59ec017-s


東京大学合格者数ランキングでは開成高校が断トツのトップに!筑波大付属駒場高校、桜陰高校が続く

東京の高校偏差値でも最上位クラスに位置する開成高校が断トツでのトップとなっています。開成高校の東大受験への強みが際立っています。

開成に続いて筑波大付属駒場高校、桜陰高校が上位にランクイン。この二校も東京のトップ進学校であり、ブランド・進学実績ともにトップクラスです。

開成高校が近年安定的に東大合格者トップを維持しており、今年も断トツのトップでその強さが際立ちます。

高校、渋谷幕張高校、麻布高校などが追う

上位に続いて、灘高校、渋谷幕張高校、麻布高校、聖光学院高校、西山学園高校など首都圏中心に、全国のトップ進学校が続きます。

東京大学合格は、かなりの難易度を誇るため、有名中高一貫校が上位に来る傾向が強いです。中高6年掛かりで受験に取り組まなければ、東大合格は難しい証か。

東京大学合格者数・高校ランキング2020!


順位高校名合格者数
1開成185
2筑波大付駒場93
3桜蔭85
479
5渋谷幕張74
6駒場東邦
麻布
63
7聖光学院62
8海城59
9栄光学園57
10西大和学園53



日本トップ大学である東京大学には、全国から多くの受験生が殺到する。
文系でも難易度トップは東大が独占。理系でも医学部人気が落ち着いたこともあり、東大の非医学部の理系も、ほぼ大半の国立医学部より難関となっており、合格は厳しいです。

今年も、東大合格者数は開成高校が断トツで首位。その強さが際立っています。
東大合格者ランキングでは安定して開成高校がトップに位置しています。 

また、注目すべきポイントとして、東京大学の合格者数ランキングは、他の難関国立大学と大きく違う点があります。
それはトップクラス中高一貫校の多さ。
これは東大が、京大を含む他の難関大学と比較しても難易度が桁違いに高い事に関係します。
先にも述べましたが、東大合格には中高一貫の6年間での教育が必要な証となっています。


最新全国高校偏差値ランキングはこちら

全国高校偏差値ンキング2021