高校偏差値ランキングまとめちゃんねる

高校偏差値ランキング2022をはじめ、難関大学への進学実績等の高校受験に係るランキングを紹介!高校に関する2chまとめ、5chまとめ、なんjまとめも!

カテゴリ: 高校進学実績

f59ec017-s


東京大学合格者数ランキングでは開成高校が断トツのトップに!筑波大付属駒場高校、桜陰高校が続く

東京の高校偏差値でも最上位クラスに位置する開成高校が断トツでのトップとなっています。開成高校の東大受験への強みが際立っています。

開成に続いて筑波大付属駒場高校、桜陰高校が上位にランクイン。この二校も東京のトップ進学校であり、ブランド・進学実績ともにトップクラスです。

開成高校が近年安定的に東大合格者トップを維持しており、今年も断トツのトップでその強さが際立ちます。

高校、渋谷幕張高校、麻布高校などが追う

上位に続いて、灘高校、渋谷幕張高校、麻布高校、聖光学院高校、西山学園高校など首都圏中心に、全国のトップ進学校が続きます。

東京大学合格は、かなりの難易度を誇るため、有名中高一貫校が上位に来る傾向が強いです。中高6年掛かりで受験に取り組まなければ、東大合格は難しい証か。

東京大学合格者数・高校ランキング2022!


順位高校名合格者数
1開成185
2筑波大付駒場93
3桜蔭85
479
5渋谷幕張74
6駒場東邦
麻布
63
7聖光学院62
8海城59
9栄光学園57
10西大和学園53



日本トップ大学である東京大学には、全国から多くの受験生が殺到する。
文系でも難易度トップは東大が独占。理系でも医学部人気が落ち着いたこともあり、東大の非医学部の理系も、ほぼ大半の国立医学部より難関となっており、合格は厳しいです。

今年も、東大合格者数は開成高校が断トツで首位。その強さが際立っています。
東大合格者ランキングでは安定して開成高校がトップに位置しています。 

また、注目すべきポイントとして、東京大学の合格者数ランキングは、他の難関国立大学と大きく違う点があります。
それはトップクラス中高一貫校の多さ。
これは東大が、京大を含む他の難関大学と比較しても難易度が桁違いに高い事に関係します。
先にも述べましたが、東大合格には中高一貫の6年間での教育が必要な証となっています。


最新全国高校偏差値ランキングはこちら

全国高校偏差値ンキング2023


 



A5E657CB-1B39-4B5A-A346-E3BE80C92F52


九州大学合格者数ランキングでは修猷館高校、福岡高校、筑紫丘高校が上位に

福岡高校偏差値でも最上位に位置する修猷館高校、福岡高校、筑紫丘高校が上位にランクイン。この三校は福岡のトップ進学校であり、ブランド・進学実績ともにトップクラスであり、九大の進学者数トップの常連です。

福岡ではこれらのトップ高校から九州大学への進学が、地元での優秀なルートとされています。

大分上野丘高校、東筑高校、城南高校、明善高校、済々黌高校などが追う

上位に続いて、地元福岡の明善高校、東筑高校や、大分トップの大分上野丘高校、熊本トップクラスの済々黌高校など九州の有力高校が続きます。

福岡トップの久留米大学附設高校はランクインしていませんが11位位置しています。同校は九州大よりも更に上位大を狙う学生が多く、九州大学の合格者ランキング外となっています。

九州のナンバーワンブランド大学である九州大学は、地元福岡をはじめ九州圏内の高校から高い人気を誇ります。
一方でキャンパスが田舎に移転した為、近年は人気がやや下落気味。福岡の学生でも九大を避ける学生が増えている様です。

「九州大学合格者数」高校ランキング2022

九州大学合格者数ランキング
順位高校合格者数
1修猷館123
2福岡107
3筑紫丘103
4大分上野丘66
5東筑62
6城南51
7明善
済々黌
48
8福岡大学附属大濠42
9鶴丸41
10小倉40


州大学の合格者上位高校は、福岡・修猷館。修猷館に次いで、筑紫丘・福岡と福岡の公立進学校トップ3が最上に。3校とも100名以上の合格者数となっており非常に強いです。

また、大分上野丘や濟々黌、鶴丸など九州圏内全体からの合格者数が多いです。
先に述べたように、九州大学は近年、一部学部の僻地キャンパス移転により、難易度・人気ともに若干の低下傾向にあります。

九州地方トップ高校⇒九州大学⇒福岡市役所、福岡県庁、安川電機、TOTO、九州電力、九州地方ローカルテレビ局 これが九州エリートコース

上記の通り、九州地方においては、九州地方の地元トップ高校⇒九州大学⇒福岡市役所、福岡県庁、安川電機、TOTO、九州電力、九州地方ローカルテレビ局などが地元民から憧れられるエリートコースのようです。

最新全国高校偏差値ランキングはちら

全国高校偏差値ランキング2022



370C48A8-15C9-40EF-9A80-1472997EAF0C

名古屋大学合格者数ランキングでは一宮高校、岡崎高校、明和高校が上位に

地元愛知の高校偏差値でも上位に位置する「一宮高校、岡崎高校、明和高校」が上位にランクイン。
これらの有力校は毎年上位にランクインしています。

名大合格者のトップ10には、地元愛知を中心に、中部圏の高校からの進学者が多く、地元中心に人気のある大学です。

向陽高校、刈谷高校、東海高校などが続く

上位に続いて、向陽高校、刈谷高校、東海高校などが上位に続いています。上位は愛知の有力高校であり、東海高校は愛知のトップ進学校です。

名古屋大学合格者ランキングでは地元愛知の難関校をはじめ、岐阜高校など中部圏の高校が強い。名古屋大学は地元占有率が高く、地元でのブランド力が非常に高い事が伺えます。

名古屋大学合格者数ランキング
順位高校合格者数
1一宮73
2岡崎
明和
72
3向陽69
4刈谷64
5東海60
6豊田西54
7岐阜51
8旭丘
菊里
46
9時習館41
10半田39

トヨタ自動車」をはじめ自動車関連産業が集積し、日本工業の要ともいえる中部工業地帯を地盤とする名古屋大学は、愛知の難関校を中心に中部圏の高校が上位となっています。

中部地方トップ高校⇒名古屋大学⇒トヨタ、デンソー、豊田自動織機、豊田通商、JR東海、愛知県庁、中部電力、中部地方ローカルテレビ局 これが中部エリートコース

上記の通り、中部地方においては、中部地方の地元トップ高校⇒名古屋大学⇒トヨタ、デンソー、豊田自動織機、JR東海、愛知県庁、中部電力、中部地方ローカルテレビ局などが地元民から憧れられるエリートコースのようです。

中部地方は地場産業が強く、トヨタをはじめ、優良製造業企業が多数有ります。そうした背景も有り、愛知では、地元から名大、そのまま地元優良就職先へ就職というパターンが確立しているようです。

最新全国高校偏差値ランキングはこちら

全国高校偏差値ランキング2023


 



E5E5BB74-6B06-40C1-AF27-440F477B0E85


東北大学合格者数ランキングでは仙台第二高校、仙台第一高校、仙台第三高校、盛岡第一高校が上位に

地元高校偏差値でも最上位に位置する「仙台第二、仙台第一、仙台第三」が上位を独占。
この傾向は毎年です。この3ブランド高校は地元宮城での存在感が大きいです。
これら3ブランド高校から、東北大学に進学するのが地元エリートコースとなっており、地元民中心に憧れを持たれます。

盛岡第一高校、山形東高校、八戸高校、浦和高校、秋田高校、宇都宮高校などが追う

上位に続いて、岩手の盛岡第一高校や、山形の山形東高校、青森の八戸高校、秋田の秋田高校といった東北のトップ高校が続きます。

また、栃木のトップ高校・宇都宮高校や埼玉のトップ高校・浦和高校も上位に食い込んでいます
東北一番のブランド大学だけあって、東北・関東中心に幅広い地域から学生を集めています。
東北大学合格者数ランキング
順位高校名合格者数
1仙台第二99
2仙台第一67
3仙台第三
盛岡第一
54
4山形東46
5八戸45
6浦和(県立)41
7秋田40
8宇都宮39
9仙台二華38
10弘前37


東北地域のブランド大学の東北大学は、地元宮城ならず東北でのブランドが強い。東北6県の進学校からの合格者数が多い傾向は強いものの、新幹線やJRで仙台へのアクセスが便利な宇都宮や浦和といった関東圏からも強い人気を誇る

東北地方トップ高校⇒東北大学⇒仙台市役所、東北電力、東北ローカルテレビ局 これが地元エリートコース

上記の通り、東北地方においては、地元のトップ高校⇒東北大学⇒仙台市役所、東北電力、東北ローカルテレビ局などが地元民から憧れられるエリートコースのようです。

一方で東北は地場産業が弱く、正直に中々良い就職先がない為、地元を出る学生も多いようです。上記の東北では憧れられる公務員、大企業も全国水準では中の上といったレベルです。

最新全国高校偏差値ランキングはこちら

全国高校偏差値ランキング2023


 





 

OIP

北海道大学合格者数ランキングでは札幌北高校、札幌南高校、札幌東高校、札幌西高校が上位に

高校偏差値でも最上位に位置する「札幌南、札幌北、札幌東、札幌西」が上位を独占。
この傾向は毎年です。やはり、この4ブランド高校は地元での存在感が大きいです。

北大合格者のトップ10には湘南高校が食い込んでいますが、関東圏の高校からの進学者が多いのも特徴です。

札幌第一高校、旭川東高校、札幌光星高校などが追う

上位に続いて、札幌第一高校、旭川東高校、札幌光星高校などの北海道のトップ高校が続いています。

私立高校は、札幌光星高校が強いです。学年の定員が少ない一方で、この順位につけているのは、高校の実力が高い証明です。

その他、帯広柏葉高校、北嶺高校などの有力難関校が上位に位置しています。

憧れの北海道大学に入学してみたいという学生は、進学先の参考にしてみて下さい。

北大合格者数ランキング
順位高校合格者数
1札幌北122
2札幌南88
3札幌東77
4札幌西66
5札幌第一47
6旭川東43
7札幌光星29
8帯広柏葉26
9湘南24
10札幌旭丘
北嶺
金沢泉丘
23

北海道ナンバーワン大学の北海道大学は、地元北海道の進学高校を中心に人気。
一方で、近年の北海道の各進学校では本州の上位大学を志望する傾向が強まっています。

北海道トップ高校⇒北海道大学⇒札幌市役所、北海道庁、北海道電力、北海道ローカルテレビ局、ニトリ コレが地元エリートコース

上記の通り、北海道においては、地元のトップ高校⇒北海道大学⇒札幌市役所、北海道庁、北海道電力、北海道ローカルテレビ局などが地元民から憧れられるエリートコースのようです。近年はここにニトリが並ぶことも。

一方で北海道は地場産業が弱く、正直に中々良い就職先がない為、地元を出る学生も多いようです。上記の北海道では憧れられる公務員、大企業も全国水準ではイマイチです。


最新全国高校偏差値ランキングはこちら

全国高校偏差値ランキング2023


 





京都大.jpeg

京都大学合格者数ランキングでは北野高校が断トツのトップに!洛南高校、清風南海高校、甲陽学院高校が続く

大阪高校偏差値でも最上位クラスに位置する北野高校が断トツでのトップとなっています。北野高校は大阪維新による教育行政改革にて、復権を果たしており、その復権ぶりが際立っています。京都のトップ高である洛南高校が2位に食い込んでいます。

大阪の清風南海高校、兵庫県トップクラスの甲陽学院高校が続いています。いずれも関西の最有力ブランド高校であり、ブランド・進学実績ともにトップクラスです。

北野高校が、今年は断トツのトップでその強さが際立ちます。

灘高校、堀川高校、西大和学園高校などが追う

上位に続いて、灘高校、西大和学園高校、堀川高校など関西圏のトップ進学校が続きます。
灘高校は京都大学の医学部に限れば、トップに君臨します。
愛知トップクラスの旭丘高校も上位に位置しています。

京都大学は関西を地盤に、関西トップクラスの学生が集う大学と言えます。

京都大学合格者数・高校ランキング2022!

順位高校名合格者数
1北野高校90
2洛南高校76
3清風南海高校
甲陽学院高校
53
4灘高校48
5堀川高校44
6西大和学園高校
旭丘高校
40
7四日市高校
岡崎高校
29
8西高校
浜松北高校
23
9浦和高校21
10一宮高校20

日本ナンバー2で、西日本トップの名門・京都大学には、大阪の公立高校トップ難関校である北野高校が90名合格と、圧倒的な実績でトップに立っています。 また、地元京都のトップ高校である洛南高校が76名合格で第2位にランクインしています。北野を中心に大阪の公立高校の復権が目立ちます。
これは、橋下改革に端を発する、大阪維新の教育行政改革による成果となります。
そのほか、滋賀の膳所や京都の洛南といった地元の有力校がランクインしています。

最新全国高校偏差値ランキングはこちら

全国高校偏差値ランキング2023


 




3E157950-0F92-4665-B167-3C9BC80C3974

大阪大学合格者数ランキングでは三国丘高校、茨木高校、北野高校が上位に

大阪の高校偏差値でも上位に位置する三国丘高校、茨木高校、北野高校が上位にランクイン。
大阪の公立進学校が上位を占めています。
近年は大阪の公立進学校が復活しつつあり、その傾向が大阪大学の合格者ランキングに表れています。
特に三国丘高校は大阪大学の合格者の伸びが著しいです
これに伴い、大阪大学も近年難易度が上昇傾向にあります。

大阪大学は、地元大阪を中心に関西圏の有力高校からの進学者が多いです。

大手前高校、天王寺高校、長田高校、膳所高校などが追う

上位に続いて、大手前高校、天王寺高校、長田高校、膳所高校など大阪や神戸、滋賀など関西県の有力高校が続きます。

滋賀県のトップ校の膳所高校も強いです。

大阪大学合格者数ランキング
順位高校合格者数
1三国丘高校71
2茨木高校64
3北野高校
61
4大手前高校55
5天王寺高校50
6長田高校48
7膳所高校46
8四條畷高校41
9金沢泉丘高校40
10西宮高校35


関西を代表する大阪大学は、関西はじめ全国でも高いブランドを誇っており、OBも活躍しています。近年は大阪の復権に伴い、難易度・ブランドともに上昇傾向にあります。

大阪の公立進学校が、橋下改革に端を発する、大阪維新による教育行政改革により難易度や進学実績を伸ばしており、大阪大学の合格者でも上位に食い込んでいます。

関西トップ高校⇒大阪大学⇒住友商事、丸紅、ダイキン、サントリー、住友電工、村田製作所、JR西日本、大阪ガス、関西電力、関西ローカルテレビ局 コレが地元エリートコース

上記の通り、関西においては、関西トップ高校⇒大阪大学⇒住友商事、丸紅、ダイキン、サントリー、住友電工、村田製作所、JR西日本、大阪ガス、関西電力、関西ローカルテレビ局などが地元民から憧れられるエリートコースのようです。

大阪では、近年経済に力強さを取り戻してきており、大阪大学から地元関西優良企業への就職というのうが関西の王道エリートコースとなっているようです



最新全国高校偏差値ランキングはこちら

全国高校偏差値ランキング2023


 




 

↑このページのトップヘ